ahab.x0.com

Posts in the product category

POSTALCO Rain Cape

レインケープポスタルコのレインケープは良い。
アメリカの郵便局員のレインケープにインスピレーションを得てデザインしたそうで自転車での着用も想定しているそうな。

とにかくこのレインケープ、ポスタルコオリジナルのシアドライという素材がとてもよい。
よくある雨ガッパは、重たい上にシャリシャリと素材が擦れる安っぽい音がして不快ですけど、この雨具は手触りと質感が布のそれとほぼ同じです。
なのに完全防水で普通に洗濯も出来てしまいます。
実に素晴らしい。

で、自転車用雨具としての使い勝手はどうかと言えば、これはまったくよろしくない・笑

 

 

 

 

 

 

 

GetInline-2

なんの工夫や改造もせずに雨の日にこのケープを着て自転車に乗るとこんな風になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_7733IMG_77341番の問題点は前丈が短すぎる上に、一番下のボタンが随分上の方にある点です。

丈が短い上に最後のボタンが上すぎるので裾が大きく開きます。
なので走行時に前方からの雨を防げません。太ももあたりから下はびしょ濡れになります。

テーラー屋さんに持って行ってボタンとボタンホールを1個追加して貰いました。これで随分ちがいます。

ただ、この改造をしても前丈が全然足りないので靴は濡れます。
雨靴を履くか、レインシューズカバーは必須です。

ただし、現行のレインケープはこの部分が変更されており、ボタンとボタンホールを追加する事はできません。

 

GetInline-1IMG_7736

また、中に腕を通すバンドが付いていますが、これも取り付け位置が高すぎて自転車で使う分にはあまり役に立ちません。

このバンドがケープの裾ギリギリにあれば、バンドと一緒に自転車のハンドルを掴む事が出来るようになり、走行時ケープがめくれるのを防げるようになります。

ですのでこれもテーラー屋さんにお願いして裾のギリギリの位置まで移動してもらいました。

・ボタンとボタンホールを一個追加する。
・バンドを裾まで移動する。
この2点の改良でやっと実用的になります。

 

 

GetInline-3ところでこのバンド、腕を動かしてもケープが追従するように、と取り付けてあるそうですが、普段使いの中でケープを腕の動きに追従させる必要はまったくないです。といいますか、腕の動きに追従されると邪魔なだけです。

ケープにまとわりつかれて、ケープの中で自由に手を動かせないとバッグの中身を取り出すことも、ポケットの携帯を取り出すこともできません。

まーこのバンドは改造すれば非常に便利になるので付いてて良かったですけども。

 

 

 

 

 

 

 

GetInlineIMG_7737

そしてフード部分も、短すぎて雨を防げません。
かといって深くかぶると前も横も見えなくなり危なくてしょうがない。

またこの部分は生地を重ねているので首を動かすと、生地の重みでいちいちフードのポジションが変わり非常にストレスです。

他の自転車用ポンチョやケープはフード部分を長くとり透明ビニールにしているものが多いですが、このレインケープを使って雨の中を走るとその重要性が身に染みて分かります。

といいつつも、やっぱりあの透明フードは非常にかっこ悪い。かっこ悪すぎて着用する気にはなれません・笑

なので、このフード部分の問題点はレインキャップを被って対策します。
レインキャップだと自由に首も動かせますし快適です。
キャップを被った上にフードを被れば首も濡れません。
フードは完全に捨ててレインハットでもいいですね。ハットにケープでスナフキンのよう。
自分は麦わら帽子も試しましたけどあまりに防水性0でした・笑

 

IMG_7738あと、折りたたんで収納できるようにケープにポケットが付いてますが、これがめちゃくちゃタイトな設計で濡れた雨具を折りたたんで収納する気にはなれません。濡れた生地をあの小さなポケットに押し込んで長時間放置しておくと痛むでしょうし。

高価な雨具なのでこれを自転車に被せたまま駐輪場から離れるってのも危ない。
というわけで別途ゴアテックス性の雨具入れなどが必要です。
レインキャップとシューズカバーなどを一緒に収納できますし。

 

 

 

 

 

 

*まとめ*

このケープを着て雨の中、自転車で濡れずに走ろうと思ったら以下の改造や工夫が必要。

・ボタンとボタンホールを1個追加する(現行のケープではもう無理)
・バンド位置を変更する。
・レインキャップやレインハットを着用する。
・雨靴かレインシューズカバーを着用する。
・それらを収納する袋などを用意する。

自転車用の雨具としては、欠点だらけのレインケープですが欠点以上にこのシアドライという素材がいいです。

なんといってもやっぱりこのフォルムは美しい。美しさを優先するあまり全く実用的ではなくなってますけど・笑

こっちで改造・工夫すれば非常に使える美しい雨具になりますので、これ以外使う気はしないですけども。

リップクリーム

IMG_7874色々リップクリームを試しましたが、
ユリアージュ リップクリームがいまんとこ最高です。これが一番よい。
DHC 薬用リップクリームも同じくらい良かったんですが、デザインがあまりに女性限定すぎた。

以下の3つは全然ダメ。治癒効果も予防効果もゼロ。
・SHISEIDO FERZEA LIP
・NIVEA Moisture Lip
・ユースキン リップケア

ロゴナとSavexは、まだ試しておらず。

包丁が切れなくなる問題

切れる包丁はやっぱりたまに怪我をするけど、切れない包丁はいずれ大怪我をする。
しかしながら切れる状態を維持するのは結構面倒。

包丁研ぎ器は、包丁の切っ先だけを削るのでその時は切れ味が戻っても
包丁の刃だけがやせ細っていく代物なのでよろしくない。

まーこまめに研げばいいんだけどこれが結構面倒。
たまに研いで満足し、長期間ほっといてしまう、こういうのが一番タチが悪い。
切れ味の状態が安定しないってのは一番の事故の元。

などと考えていたら非常にタイムリーなニュースが。
炭化チタンでコーティングされており研ぐのは25年に1度でいいという。
http://www.tb-groupe.fr/fr/19-furtif
これはちょっと試してみたい。

ただまー言い換えれば25年掛けて緩やかに切れなくなっていくわけで
それもどうなのか、とも思うわけだが。
この包丁を10年に一回研ぐくらいがいいのかな。

REARVIZ

登場した時には一部でそれなりに話題になった自転車のバックミラー REARVIZ。
約半年間、毎日使用。

メリット
・自転車にミラーを取り付けなくて済む。
・凸レンズなので見える範囲が広い。

デメリット
・いちいち腕に巻くのが面倒になる。
・凸レンズなので鏡に映る対象との距離感が掴めない。
・雨天時にレインケープを着用してると使えない。
・その独特の形状のせいもあって割とかさばる荷物になる。
・夏はその部分だけ腕に日焼け跡が残る。汗ばんで不快。
・手首に付けるには工夫がいる。腕に巻くとやや遠い。

デメリットの方が多く、だんだん負担になってきたので結局使用停止。
ツーリングなどでたまに使うならいいけど毎日使うミラーではなかった。

happy hacking keyboard

キーボードはこれが最高です。 IMG_7798
といいつつも15年以上も使いますとさすがにヘタってしまい今はアップルキーボードを使ってますけども。
現行のhappy hacking keyboardは「happy hacking」の刻印がなくなって残念です。